howdygoto's enjoy PHOTO

howdygoto2.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 29日

タイの風景 バンコクは広告天国

バンコクはあっちこっちに派手な広告がみられます。
屋台の手書きの広告からビルそのものをペインティングした広告まで、
とにかく広告の嵐です。
媒体となるものなら何でも広告になるみたいです。
何だか映画 ブレード・ランナーに出てくる都市を思い浮かびました。
やっぱりタイは、ディープで面白い!

ビルも広告だらけ
f0024992_1014656.jpg

派手な色使いが多いようです
f0024992_10142287.jpg

撮影地:タイ・バンコク
OLYMPUS E-500+ZD14-45mm F3.5-5.6
SILKYPIX3 JPEG再現像+DxO FilmPack1.1処理(2枚目 Ektachrome100VS)
[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-29 17:14 | タイの風景 | Comments(43)
2007年 06月 27日

タイの風景 スワンナプーム空港は超近代的 

台北経由でようやくバンコクに到着、でもいつもと違う・・・
バンコクの空港は、昨年9月からスワンナプームに移りました。
僕はあのドンムアン空港のアジア的でまったりした雰囲気が好きだったのに・・・
この新空港は超近代的で大きな建物です。
ドンムアン空港を見たかったので翌日のプーケット行きは、
ここから飛び立つエアー・ラインを利用しました。

今日からタイの風景が始まります。
ほぼ毎日更新しますが、コメント欄は一回おきに閉じさせてもらいます。
途中別のトピックスが入ったりしますが、しばらく続きます。
タイのいまを楽しんでいただければ嬉しいです。

正面入り口
f0024992_11523845.jpg

中から外を見る
f0024992_1111119.jpg

撮影地:タイ・バンコクのスワンナプーム新空港
OLYMPUS E-500+ZD14-45mm F3.5-5.6
SILKYPIX3 JPEG再現像+DxO FilmPack1.1処理
[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-27 11:11 | タイの風景 | Comments(40)
2007年 06月 26日

酒とジャズ・フルートの音色に酔いしれて

昨年11月に沖縄で知り合った西仲美咲さんは、ジャズ・フルート奏者です。
この日はベースなしピアノなしのソロで演奏したが、
やっぱりいいですねフルートの音色は!
そうそう8月31日と9月1日に代々木のNARUで、
沖縄を代表するピアニスト屋良文雄さんとのライブがあります。
時間のある人は是非どうぞ!

店の中は暗い状況でした(汗)
ところで次回からタイの写真をアップします。

f0024992_9363565.jpg
f0024992_937848.jpg

撮影地:東京・経堂のとあるジャズ飲み屋
OLYMPUS E-500+ZD14-45mm F3.5-5.6
SILKYPIX3 RAW現像+DxO FilmPack1.1処理

[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-26 09:37 | ライブ | Comments(58)
2007年 06月 23日

帰国しました

今朝無帰国しました。
頭の中がまだタイ・モードで、何だかボーとしています。
津波で死んだ友にお線香をあげることができ、
またその友と同じ名前のドイツ人と知り合ったりで、
今回の旅には運命めいたものを感じるものがありました。
すべては偶然なんかじゃなくて、意味ある必然じゃないかと思っています。
ブログにコメントしてくれた皆さん、ありがとう。
明日皆さんのところに遊びに行きます。

次回のブログはライブ写真です。
でそのあとからタイの写真をアップする予定です。

f0024992_1403996.jpg

撮影地:タイ・プーケット
OLYMPUS E-500+ZD14-45mm F3.5-5.6
SILKYPIX3 RAW現像+DxO FilmPack1.1処理

[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-23 15:10 | タイの風景 | Comments(62)
2007年 06月 23日

いまカオサンです。

いまカオサンのネットカフェにいます。
日本語が使えるので便利です。
ここはたくさんのツーリストが集まって来るところです。
もちろん若い日本人もいっぱいます。
若くない日本人のオヤジは少ないです(僕のこと 笑)
昨夜は4年来の友人との再会を祝して、ここカオサンでたっぷり飲みました。
彼は、タイを拠点としている日本人のフリー・ジャーナリストです。
チェンマイで知り合い、以後仲良くしてい友達です。
実はピービー島で撮った写真を彼に渡すことになっていたんです。
彼は有名大学を卒業し大手新聞社に勤務していたのですが、
アメリカのイラク攻撃を機に、その新聞社を辞め単独でイラクに行った人です。
何でも大手新聞社の報道の仕方に疑問を持ったみたいです。
新聞社を辞めイラクに行くと親に言った時、
母は泣き叫び父は無言で背中で泣いて、
後ろ髪を引かれる思いでイラク入りしたそうです。
それ以後、ネパールのマオニスト(毛沢東主義者)や
ミャンマーの反政府軍やタイの少女売春など、ディープな取材をしています。
何度も危ない目にあっています。
訳あって名前を出すことができませんが、
何ともタフで信念の通った男です。
今年の秋にもイラクに行くみたいで、
ごとうさん一緒に行かない?って誘われました。
いまの僕はイラクに行くことができませんので断りましたが・・・
年はまだ30代で僕よりもずーっと若いけど、彼を尊敬しています。
今日の夜、東京行きの飛行機に乗ります。
いよいよ帰国の日です。
写真は昨年撮ったカオサン通りの写真です。
f0024992_831382.jpg

[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-23 08:32 | Comments(7)
2007年 06月 21日

あるバーでの会話

ここはアオナン・ビーチのあるバー

バーの女:Where from? Japanese?
客の男:Yeah.
バーの女:Drink! Drink!
客の男:You wanna drik? Sorry. No money.
バーの女:You Money! Drink!
客の男:No money.Tomorrow is Ok.
バーの女:No tomorrow.Today now!
客の男:I promise!
バーの女:No! Now drink!
客の男(根負けして):One drink is OK.
バーの女:I drink cocktail.
客の男:No cocktail. Coke is OK.
バーの女:No coke.I drink cocktail.



こんな会話があっちから聞こえてきたような気がします。

今日の夜、かって泥棒バスと言われた悪名高き夜行バスでバンコクに戻ります。
バンコクでは、タイを拠点としている日本人のフリージャーナリストに会う予定です。
4年前にチェンマイで知り合い、以後仲良くしてい友達です。
実はピービー島で撮った写真を渡すことになっているんです。
[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-21 17:22 | Comments(6)
2007年 06月 20日

日・独共同戦線、成功なり

f0024992_8312859.jpg

急遽予定を変更して、昨日の午後アオナン・ビーチにやって来ました。
ライレイ・ビーチは、天候が悪化し波も高くなってヤバい状況。
直感的にボートが動いているうちに、
ここを出た方がいいかなと感じました。
何たってライレイ・ビーチは陸の孤島、ロングテール・ボートでしか行けないところです。
このボートは細長く小さいので、大波ですぐ転覆しそうです。
足止めにならないよう二日目をキャンセルして、
一日早くチェクアウトした訳です。
で早速ボートマンにアオナン行きの値段を聞くと50バーツ。
以外に安いなと思ったら、これ10人揃った時の値段。
しかし待てど暮らせどボートに乗る他のツーリストが現われません。
で一人だと500バーツだって、そりゃないよー(>_<)
そんな時ノッボの気の弱そうな白人の若者が、
どでかいバック・バックを背負ってウロウロしているの発見!
聞いてみると、彼もアオナンビーチに行きたいみたい。
頼りないけど援軍を一人確保し、僕は強きの交渉に撃って出て、
二人で300バーツで交渉成立。
彼はドイツ人で名前が何とミハイル、あービックリ仰天です。
何故か僕のまわりには、偶然の一致が付きまとって来ます。
彼は生まれて初めての一人旅で、半年かけて世界を周るそうです。
日本にも立ち寄るというので、再会を約束して乾杯乾杯でしこたま飲んだ夜でした。
僕の旅には予定があっても確定はありません。
こんな旅も面白いですよ。
※写真は僕の愛用のバック・パック
[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-20 08:31 | Comments(12)
2007年 06月 19日

蚊帳で寝たよー

f0024992_838294.jpg

ライレイ・ビーチの初日は、ぐっすり眠りました、蚊帳の中で!
以前来た時と違って屋台もなければ安宿もなく、
最初に値段を聞いた宿の1泊3500バーツにはビックリ。
まぁ高級ぽっいリゾート・スパだからしょうがないか・・・
で気を取り直し、色々探し求めて1泊500バーツの部屋に落ち着きました。
扇風機と蚊帳も付いています。
周りはジャングルみたいだから、夜結構蚊が出るんです。
しかしこの蚊帳の中って、妙に居心地がいいですね。
[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-19 08:38 | Comments(10)
2007年 06月 18日

グッド・バイ ピピ島

f0024992_112418.jpg

いまクラビー行きの船の中です。
もうすぐ出発です。
しかし僕以外日本人は誰もいない。
目指すほ僕の好きなライレイ・ビーチ。
何だかピピ島にはもう来ない気がします。
さようならピピ島、元気でね。
もう会えないかもしれないけど・・・
[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-18 11:02 | Comments(11)
2007年 06月 17日

ピピ島のいま

f0024992_93613.jpg

ここピピ島は想像以上に復興しいて、
以前の賑わいに戻ってきています。
僕が最後に来た4年前とは少し街並みが違ってはいるけども・・・
かってよく泊まっていたチャーリーズ・バンガローは流され、いまはありません。
今回泊まっているゲスト・ハウスのオーナーは未亡人。
津波で夫と小さな娘さんを亡くしたそうです。
写真を見せてもらうと、目のクリクリした可愛い女の子でした。
でも島の住民はたくましく生きています。
歩いていると、津波非難ルートの看板が目に付きます。
さすがに津波の教訓が活かされているようです。
夕方になるとコーランの音が鳴り響きます。
そうここはモスレムの島でもあります。
[PR]

by howdygoto2 | 2007-06-17 09:03 | Comments(4)